WEB予約
〒105-0014 東京都港区芝3-17-12 第2Mビル 1F
03-6275-1843
MENU

ブログ

Blog

港区芝 芝公園・赤羽橋の歯医者・歯科|エミルデンタルクリニック芝

インプラント手術の流れとは?フラップレスインプラントの流れも解説

こんにちは!

港区赤羽橋・芝公園が最寄りのエミルデンタルクリニック芝です。

インプラントは、やりなおしが難しい手術とされていることから、不安や恐怖を持っているという方も多いのではないでしょうか。
そういった場合には、実際にインプラント手術の流れを把握することで、より安心し納得した上で治療へ足を踏み出すことができるはずです。

そこで今回は、一般的なインプラント手術の流れと、最近注目を集めているフラップレスインプラントの流れについてご紹介します。

1.インプラント手術前の流れについて

まずは、一般的なインプラント手術の流れについてご紹介します。

1-1.カウンセリング

インプラントは、外科手術の一つでもあるため、相談をしたその日に施術というわけにはいきません。
まずは、カウンセリングを受け、インプラントのメリットやデメリットについて、詳しい費用やアフターフォローについて、
またどのような治療を行うのかについて詳しく話を聞く必要があります。
痛みへの不安や施術への不安など、小さなことでもしっかりと質問し、疑問を払拭しておくようにしましょう。

1-2.検査・治療計画

カウンセリングが終わったら、早速検査に移ります。
検査は、歯科用のCTスキャンを使用して、あごの骨の密度や量について、噛み合わせについてなど細かく確認を行うのが一番の目的です。
さらに、希望の治療スケジュールや体調、理想の被せものの材質や色などの要望をふまえた上で、一人一人に合った治療計画が立てられます。

1-3.一次手術

一次手術では、アゴの骨にインプラントを埋め込む手術を行います。歯ぐきを開いて穴をあけ、インプラント体を埋め込むのが目的です。
1本あたり15分程度が処置時間の目安になります。

アゴの骨に穴を開けると聞くと、不安に感じる方も多いのですが、基本的には麻酔を行うため、過度な心配は必要ありません。
痛みが不安な場合には、まず歯科医師に相談しましょう。

1-4.抜糸・仮歯の調整

一次手術が終わってから、2週間程度たったころに、インプラントを埋め込んだ際に使用した糸の抜糸を行います。
この時点では、仮歯を使用できる場合もあります。その後、2ヶ月から6ヶ月の期間を置き、インプラントとアゴの骨が結合するのを待ちます。

1-5.二次手術

二次手術では、磁気を使ってインプラントとアゴの骨がしっかりと結合しているかを確認します。
結合がうまくいっていない場合には、もう一度インプラントを入れなおすことが必要です。
結合がしっかりと行われている場合には、歯ぐきを開いて、インプラントの頭にキャップを装着し、人口の歯を取り付けるための準備を行います。

1-6.歯の作成と装着

二次手術を終えて、2〜3週間たち歯ぐきの形が整ったら、型を取って人口の歯を作ります。
そして、色や形を希望に合わせて作製し、スクリューでインプラントに固定します。
また、場合によっては、セメントを使って人口の歯をインプラントに取り付けることもあります。
装着後に噛み合わせ違和感や不満があるという場合には、すぐに相談することで修正を行うことが可能です。

1-7.メンテナンス

インプラントは、手術が終わってから終了というものではなく、天然の歯と同じようにメンテナンスが必要です。
というのも、プラークコントロールを怠っていると歯周炎になってしまうからです。
どのようにブラッシングをするのか適切な指導を受け、定期的に専用機器でクリーニングしてもらいましょう。

2.フラップレスインプラントの流れ

フラップレスインプラントとは、歯ぐきを切ることなく施術を行うインプラント治療です。
この方法を使用することによって、腫れや痛みを抑えられるだけでなく、施術にかかる時間を短縮することも可能です。
最近取り入れているクリニックも多いのですが、状態によっては治療が難しいため、まずは相談してみることが大切です。
当院では可能であれば、歯ぐきを切らないフラップレスインプラントを積極的に取り入れております。

2-1.歯ぐきに小さな穴をあけ、インプラント体を埋め込む

一般的なインプラント手術では歯ぐきを切開するのに対し、フラップレスインプラントでは、パンチや歯を削るドリルなどを使用して、
歯ぐきに小さな穴をあけていきます。そして、その穴からドリルでアゴの骨を削りながら、インプラント体を埋め込みます。
インプラントを埋め込んだら、キャップを取り付けてひとまず終了です。

歯ぐきに穴を開ける際に適切な位置を判断できるよう、コンピューターによりシミュレーションが行われる上に、手術用のガイドが使用されることもあります。

 

2-2.人工歯を装着する

4〜6ヶ月の期間をおいて、インプラントとアゴの骨がしっかりと結合したら、インプラントに人工の歯を装着するための土台となる部分を取り付けます。
さらにその上から人口の歯を装着して手術は終了です。

3.まとめ

今回は、インプラント手術の流れについて詳しくご紹介しました。全ての流れの中でも、とくに重要なのがカウンセリングです。
治療の流れや方法は、人それぞれ異なってくるため、カウンセリング時にしっかりと確認して、納得した上で治療を受けるようにしましょう。

港区赤羽橋・芝公園にあります「エミルデンタルクリニック芝」では、メスで切らない「フラップレスインプラント手術」を採用しております。
安全に施術を行うため、術前・術後のCT撮影で状態を正確に把握したり、安全性と正確性を向上させるための手術のシミュレーションソフトを活用したりしています。
無料カウンセリングを随時実施しておりますので、お気軽にご相談頂くのがおすすめです。