WEB予約
〒105-0014 東京都港区芝3-17-12 第2Mビル 1F
03-6275-1843
MENU

小児歯科

Pedodontics

小児歯科|港区芝 芝公園・赤羽橋の歯医者・歯科|エミルデンタルクリニック芝

小児歯科

Pedodontics

当院の小児歯科に対する思い
虫歯になってから受診するのではなく、虫歯にならないために受診。
をおおすすめします。

小児歯科

子どもの歯は“どうせ永久歯に変わるんだから虫歯になってもかまわない“と思われてませんか?乳歯は大人になってからのかみ合わせ・歯並び・顎の発育に大きく影響します。乳歯は子どもの成長、発育には非常に重要な役割を持っており、永久歯の歯並びにも影響を与えます。また、子どもの時の良くない「癖」が歯並びを悪くすることがあります。子どもが大人になった時、健康的で綺麗な笑顔でいられるためにも、乳歯は大切です。虫歯になってから受診するのではなく、虫歯にならないために受診するという考えを持っていただけたたらと思います。

子どもの虫歯の予防の大切さ

一度虫歯になってしまうと本来の健康な歯と全く同じ状態に回復させることはできません。また、虫歯や歯周病は、原因菌・生活習慣・治療状態などの要素が絡み合い、なかなか「負の連鎖」から抜け出せなくなります。
このようなことから、当院では虫歯や歯周病にならないように、幼い頃から、しっかり予防することがとても大切だと考えています。

子どもの虫歯を予防するメリット

  • 子どものうちからしっかり虫歯予防することで、以下のようなメリットがあります。
  • 子どもの歯(乳歯)に虫歯がなければ、大人の歯(永久歯)が虫歯になる確率が減ります。
  • 子どもの歯(乳歯)が虫歯になるのを防ぐことで、歯並びが悪くなるのを防ぎます。
  • 虫歯予防のひとつである「規則正しい食生活」を行うことで、虫歯予防だけでなく、心と身体の健全な成長発育にとても良い影響を与えます。
  • 子どもの頃から虫歯予防の習慣を身につけておくことにより、成人疾患のひとつである歯周病予防にも大変有効です。
  • 子どもの頃から予防を行っておくことにより、ケアのきちんとした知識が身につけられ、大人になってもご自身の歯でおいしく食事をすることができます。

小児歯科の治療メニュー

お口の中の3チェック

  • 虫番のチェック
  • ブラッシングのチェック
  • 歯並びのチェック

歯科処置

  • 虫歯治療
    年齢や歯の生え変わりを考慮し、最適の治療方法を提示し、保護者の方へ説明・同意をいただいた上で治療にあたります。
  • シーラント
    奥歯の溝は複雑な形をしています。歯ブラシの毛先が入らず、虫歯になりやすい溝をレジン(プラスチック)で埋めてしまう予防充填です。
  • フッ素塗布(歯質強化)
    フッ素を全歯に塗布します。
    フッ素は虫歯菌の活動を抑え、歯を強くする働きがあります。
  • 歯科衛生士による口腔ケア
    子どもが歯磨き好きになるように指導します。虫歯が多発する部位は、下記の3ヶ所です。
    Ⅰ. 歯と歯の間
    Ⅱ.歯と歯茎の境目
    Ⅲ.歯の溝
    TBI(歯磨き指導)では、(Ⅰ)と(Ⅱ)から発生する虫歯を防ぐための効果的なブラッシング法を楽しみながら指導していきます。
  • 小児育成矯正(プレオルソ)(詳しくは小児矯正へ※小児矯正サイト準備中
    子どもの歯から大人の歯に生え替わるとき、ささいなボタンのかけ違いで歯並びが悪くなってしまうことがあります。その徴候を早めに見つけることで、簡単・短期間・少額で歯並びを整えることが可能となります。
    これを「咬合誘導」と言います。咬合誘導は大人の歯がすべて生えてからの矯正とは違い、抜歯したり、歯を動かしたりといったものではありません。早い時期に適切な咬合誘導を行うことで、歯並びが安定して後戻りしにくくなり、場合によっては大人の歯の矯正治療が必要なくなることもあります。当院ではこの咬合誘導を「プレオルソ」というマウスピース型の装置などで行います。

お子様のお口の状況に合わせた大切なお話

ブラッシングの練習や食生活のお話をします。お子様個々のお口にあった予防方法を担当の歯科衛生士と共に考え、実践していきます。幼少期からの良い生活習慣を身につける絶好の機会なので、大切なお子様のためにお口に対する理解を深めましょう!

親御さんへお伝えしたいこと

お子様にとって通いやすい歯医者になるために、エミルデンタルクリニック芝は様々な工夫をしています。お子様の気持ちをよく理解し、「歯医者さんは怖くないところなんだ!」と思ってもらえるよう心がけています。
そして、当院では無理矢理お子様の治療を行いません。治療に使う器具を触ってみたり、どんな音がするのか聞いてもらいながら慣れ親しんでもらいます。お子様の治療は歯医者になれていただきながら少しずつ進めていきます。お子様のお口のことで疑問やお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

お子様の歯科受診にあたって
保護者の皆様へのお願い

幼いお子様が歯の検診や治療を上手に受けることは、自然にできるようになるものではありません。
すなわち、年齢が上がってきたからといって理解し、できるようになることではないということです。
これは、習いごとと同じく練習と経験を積み重ねていき、少しずつできるようになることなのです。
ひとたび、お子様が歯医者さんを嫌いになったり苦手になったりすると、その後の治療がスムーズに進まないだけでなく、後々のお口(歯)の健康にも影響することになります。そうならないためにも、お子様とその身近にいる皆様が一緒になってお子様が楽しく歯の検診や治療を受けられるような環境を整えていきましょう。

歯医者さんに来る前に注意していただきたいこと

うそをついて連れてこないでください!
  • 「○○(別の場所)に行こう」とうそをついて歯科医院につれてきてはいけません。
  • 「何もしないから」「見るだけだよ」「痛くしないからね」など、あらかじめ言わないようにしてください。
怖がらせたり、脅かしたりしないでください!
  • 怖がらせたり、脅かしたりしないでください!

    お子様の聞いている前で自分が歯科医院で受けた「痛かった体験」などを話すのは避けましょう。

  • 常日頃のしつけに歯医者や医者を利用してお子様を脅かすような事は言わないようにしましょう。
    例:「わるい子はお医者さんに注射をしてもらうよ」

「お口の中に虫さんがいないか診てもらいにいくよ」とさらりと説明するくらいで来院してください。

治療を受けるためのトレーニング

治療を受けるためのトレーニング

初めて治療を受けるお子様は、原則的に治療を受けるための練習のステップを踏んで行なっていきます。
例えば、お口の中で風を吹かせたり水を吸ったりする器械や様々な器具をお口に入れることなど、治療に必要なことを1つずつ小さな目標としてクリアしていきます。何度か練習を重ねる事で、先生や衛生士のお姉さんにも慣れ、上手に治療を受ける事ができる様になります。

ほめてあげてください

歯の治療の練習や治療が終わった時、また家での歯みがきの後には、たとえその時がうまくいかなかったとしても、そのたびにしっかりほめてあげましょう。ほめられるとお子様は喜び、またどんどん自信もつけて次の回の治療のときにはもっと上手になり、更にできる子になっていきます。また、お子様が治療中に泣いたり吐いてしまったりして、上手に治療が受けられなかったとしても、お子様を叱ったりお家でご家族に言いつけたりしないであげてください。お子様自身が一番「できなかった」と辛く感じているはずです。何気ない言葉掛けで「怖がり」「ダメな子」というレッテルを貼ってしまうと、そのレッテルと一生戦うことになるかもしれません…。お子様が大きくなると共に治療が上手に受けられるようになる可能性は十分にありますので、治療後は明るく『また診てもらおうね』と声をかけてあげましょう。

OKワード

OKワード

  • 大丈夫だよ
  • ピカピカになったね
  • 上手にできたね
  • 気持ちいいね
  • すごいね
  • えらいね
  • かしこいね
  • かっこいいね
  • さすがだね

NGワード

NGワード

  • 痛くないよ、怖くないよ
    ……よくつかいがちなワードですが、「痛い」「怖い」という先入観をあ与えてしまいやすいため逆効果です
  • 歯医者に連れて行ってしまうよ!、歯を抜いてもらうよ!
    ……これらのワードは、歯医者が怖いところなのだと思わせてしまいます。