WEB予約
〒105-0014 東京都港区芝3-17-12 第2Mビル 1F
03-6275-1843
MENU

入れ歯

Denture

入れ歯|港区赤羽橋・芝公園の歯医者 エミルデンタルクリニック芝

入れ歯

Denture

入れ歯は
「合わない、痛い、噛めない、外れる、目立つ」
などでお悩みの方へ
「噛む力」と「笑顔」を取り戻します。

失った歯を人口の歯で補う方法の一つが「入れ歯」です。「義歯」や「デンチャー」と呼ばれる事もあります。入れ歯とは?、種類、メリットやデメリットはどのようなものがあるのか、当院の入れ歯に対する考え方をご説明致します。

当院の入れ歯治療の特徴

特徴1
様々な種類を取り揃えており、柔軟な対応が可能です。
目立たない入れ歯
ノンクラスプデンチャーのオプション
ノンクラスプデンチャー+生体用シリコン
しっかり噛める入れ歯
違和感の少ない入れ歯
金属床義歯
特徴2
患者様に合ったオーダーメイドの入れ歯の提供
特徴3
もう一人の専門家。一流の腕前の歯科技工所と提携しています

「目立たない入れ歯」、「しっかり噛める入れ歯」、「違和感の少ない入れ歯」様々な入れ歯をご用意しています。

目立たない入れ歯 ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

目立たない入れ歯として「ノンクラスプデンチャー」というものがあります。クラスプとうのは歯にかかる金具のことを指し、ノンクラスプデンチャーというのは「金属のバネがない」入れ歯のことです。
ノンクラスプデンチャーでは、支える箇所は金属ではなく、歯肉の色になじむピンク色の樹脂を使用します。歯茎の色と同化して目立ちにくく、付けていることがわかりにくい、割れにくくしなやかな素材でできていて、通常の部分入れ歯とは異なった入れ歯です。

オプション

ノンクラスプデンチャー+生体用シリコン

ノンクラスプデンチャーの裏側にシリコンを貼り付けたものです。シリコンは、ゴムのように軟らかく弾力のある素材です。

メリット

  • シリコンにより家歯茎の痛みを軽減でき、硬いものを噛むことができる
  • 他の入れ歯よりも外れにくい(シリコンの吸着性による)

ノンクラスプデンチャー

これまで利用されてきた入れ歯が「痛い」「すぐに外れてしまう」「しっかり噛めない」という方におすすめです。

ノンクラスプデンチャー+金属

ノンクラスプデンチャー+金属

「ノンクラスプデンチャー+金属」は、金属で補強し、たわみを減らしたものです。金属は体に優しい 「コバルトクロム」を利用します。

メリット

  • 普通のノンクラスプデンチャーよりも強度が増し安定するため噛みやすい
  • 丈夫な金属を利用するためより薄く作ることができ違和感が少ない
  • 熱を伝えるため食事が美味しく感じる

デメリット(「金属」を利用するため)

  • ノンクラスプデンチャーの柔らかさは軽減される
  • 多少の重量感がでる

しっかり噛める入れ歯

〜入れ歯がよくずれる、外れる、天然歯に近い感覚で噛めるようになりたい方〜

当院では「インプラント+入れ歯」「磁石+入れ歯」をご用意しております。金属のバネを利用しませんので目立たず、しっかり入れ歯を安定させる仕組みがあります。しっかりと噛め、外れにくく非常に安定した入れ歯になります。

「磁石+入れ歯」の磁性アタッチメント義歯

「磁石+入れ歯」の磁性アタッチメント義歯

お口に残っている歯根に金属を装着し、入れ歯に設置した磁石と吸着させ、入れ歯が外れないようにするのが磁性アタッチメント義歯です。金属のバネが構造上必要ないため目立たず、異物感もほとんどなくなります。

「インプラント+入れ歯」のインプラントオーバーデンチャー

「インプラント+入れ歯」のインプラントオーバーデンチャー

あごの骨に埋め込んだインプラントを固定源とした入れ歯のことです。通常の入れ歯は、柔らかい歯ぐきだけで入れ歯を支えています。噛む力が弱くなり、噛み応えのある食べ物が噛みきれず、グッと噛み込んだときに痛みがでたり、入れ歯がずずれる、といったお悩みが出てきます。その点インプラントオーバーデンチャーは、インプラントによって入れ歯がしっかり固定されるため、天然の歯と変わらないほどよく噛めます。入れ歯が外れにくい、ガタつかない、痛みが出にくいといったメリットもあります。目立つバネも使用しないため、審美性も高く、入れ歯と気付かれにくいです。さらに、部分入れ歯から総入れ歯まで適応範囲が広く、総入れ歯の際にも2~4本のインプラントで咬み合わせの修復が可能なため、全てインプラントにするよりも経済的な治療法と言えます。

違和感の少ない入れ歯

金属床義歯

金属床義歯1

チタン素材・コバルトクロム素材・ゴールド素材を使った3種類の入れ歯(金属床)があります。保険の入れ歯と比べて「薄い」「軽い」「壊れにくい」「飲食物の温かみ・冷たさを感じられる」素材です。

1.軽い素材で作れる

保険の材料で作る入れ歯は重く、噛む動作に負担を与えますが、金属床義歯で使用する素材は、保険の材料の約1/4の重さのものを使用致します。

2.薄い素材で作れる

お口の中に髪の毛が1本入るだけで不快感を感じることはありませんか?そのくらい、お口の中は敏感です。金属床義歯で使用する素材では、保険のものに比べ約1/6の厚さの薄いものを使用します。金属は強度的に強いので薄くできますが、プラスチックは強度的に弱いので薄くすることが出来ません。その違いが、入れ歯を口の中に入れた際に感じる違和感を、全く別物に感じさせることに繋がります。

3.食べ物の温もりを感じる材料で作れる

保険の入れ歯は、温かい・冷たいといった食べ物の温もりが感じられません。このため、金属床義歯では温もりを感じられる材料を使用します。

4.他の健康な歯に過度な負担をかけない

保険の入れ歯は、咀嚼することで入れ歯がたわみ、入れ歯をひっかけている歯に過度な力が加わりその歯を痛めます。金属床義歯は「たわみ」がほとんどなく、バネをひっかけている歯にも優しいです。

5.自分の顎の高さに合ったミクロン単位での調整を行うことができる

入れ歯で、一番重要なのは手間をかけた調整です。金属床義歯では、ミクロン単位に及ぶ緻密な調整を行います。ぴったりと合った入れ歯を作ることが可能です。

オーダーメイドの入れ歯

「インプラント+入れ歯」のインプラントオーバーデンチャー

ひとつの治療方法だけではなく、お口の状態に合わせた治療方法や技術を組み合わせ統合して、入れ歯作りをする必要です。
お口の中は、あごの減り具合、噛み癖、あごの粘膜の硬さ、上と下のあごの位置関係、複雑な状況が絡み合っています。口腔内の状態を調べ、様々な治療法の中から適したものを組み合わせ統合し、個人に合った入れ歯・総入れ歯をお作りします。入れ歯は自分の歯の代りをしてくれる大事な歯です。「入れ歯はあわないものだ」と諦めないで下さい。入れ歯治療で困られている方の喜ぶ笑顔を見たい一心で入れ歯を作っています。

もう一人の専門家。一流の腕前の歯科技工所と提携

実際に入れ歯を作製する歯科技工士の存在が不可欠であり、歯科医師と歯科技工士が連携して行う作業が大切です。当院では、豊富な実績と、日本でも有数の入れ歯製作の腕を持つ、入れ歯専門の歯科技工所に入れ歯作りを依頼しています。歯科医師と歯科技工士とがそれぞれが密に連携することで質の高い入れ歯を完成させています。

メッセージ

メッセージ

見た目が悪い、年寄りくさい、うまく噛めない、痛いなど、入れ歯に対しこのようなマイナスイメージをお持ちの方もいるかと思いますが、当院では「まるで天然の歯のように見える」「若々しい口元を実現できる」そんな入れ歯をご提供してきます。
「入れ歯だけ、インプラントだけ」ではなくライフスタイルに合った治療法のご提案を約束します。
「歯を失ったら、インプラント治療を受けたい」とお考えの方も多いでしょう。当院は入れ歯とともにインプラント治療も得意としております。確かにインプラントは素晴らしい治療であることは事実です。その反面、インプラントは費用が高いうえに、なかには過去に行ったインプラントがダメになったという患者様も少なからずいらっしゃいます。メインテナンスにおいても入れ歯とインプラントを比べると入れ歯の方が簡単なのも事実です。
入れ歯には「長期的な安定性、万が一壊れても修理が可能な形態や材質」といったインプラントには備わっていない長所があります。 当院は「入れ歯だけ、あるいはインプラントだけ」という選択肢ではなく、どちらにも真摯に長期に対応してきた広い視点から、患者さんの悩みの解決に最良の治療法を常に考えています。