WEB予約
〒105-0014 東京都港区芝3-17-12 第2Mビル 1F
03-6275-1843
MENU

虫歯治療

General

虫歯治療|港区赤羽橋・芝公園の歯医者 エミルデンタルクリニック芝

虫歯治療

General

痛みの少ない治療
可能な限り歯を削らない
そして「可能な限り歯を残す」ことを大切にしています

可能な限り痛みの少ない治療

可能な限り痛みの少ない治療を行う

歯医者に行く大きな不安の一つは“痛み”ではないでしょうか。当院では出来る限り痛みが少なく治療を受けていただけるよう、麻酔の材料を初めとして、様々な工夫をしております。
当院で初めて麻酔を受けていただく際、患者様の1人1人に必ず麻酔のご説明をさせていただいております。ご不明な事がございましたら、お気軽にご相談ください。


表面麻酔

ペンレステープ、ジンジカインゲル(ゼリー状)

ペンレステープ、ジンジカインゲル(ゼリー状)

当院では、歯ぐきに麻酔をするときは必ず表面麻酔をしてから浸潤麻酔(針を使う麻酔)を行っております。歯ぐきの表面を事前に麻痺させることによって、針で刺した時に「チク」っとする刺激を少なくすることができます。
しかし、よく使用されているゼリー状の表面麻酔は、唾液により流れやすいものになります。そのため、効果が薄くなります。そのため、痛みに敏感なお子様などは痛がります。そのようなこともあり、当院では麻酔効果の高いペンレステープという表面麻酔を導入しております。「麻酔に対して全く痛みを感じなかった、注射したのがいつなのか分からなかった」という患者様のお声もよく聞きます。

ペンレステープ18mg

当院では、痛みを抑える効果の高いペンレステープもご用意しています。とくに痛みが苦手・不安という方はご相談ください。

「極細の針」の利用・35Gの注射針

ペンレステープ18mg

針は細ければ細いほど痛みを軽減させます。現在、販売されている中で一番細いと言われている針(35G)を用い、極細の針でソフトに注射することで痛みを抑えています。

カートリッジウォーマー

ペンレステープ18mg

カートリッジウォーマーは、人肌とあまり変わらない約37度に麻酔液を温める装置です。注射を痛いと感じる原因のひとつは「麻酔液の温度と体温の温度差」だと言われており、冷たい麻酔液を温めることで麻酔注射による痛みを感じにくくすることが可能。より痛みの少ない麻酔が、より身体的負担の少ない治療につながります。

可能な限り歯を削らない治療

なるべく歯を削らない治療(MI治療=ミニマルインタ−ベンション)

「出来るだけ歯を削らない治療」をMI治療(ミニマルインターベンション)と言います。
歯を削ると、歯の寿命を縮めてしまう傾向にあります。削らなければならない、という状況以外では、なるべく歯を削らないように心がけています。そのために当院が行なっている5つの方法をご紹介します。

う蝕検知液の使用

う蝕検知液とは、虫歯治療の際に赤く染めることによって、虫歯の位置を確認することが可能です。虫歯治療を行うことで、一番大切なのは、細菌に感染した歯質を除去してあげることです。ただし、目視による虫歯をどこまで削るか、というところは目に見えません。そのため、う蝕検知液を使用し、どこまで虫歯を削れば大丈夫なのかを調べることができますので、虫歯の取り残しを防ぐことが可能になります。

検知液検知液

染色した歯染色した歯
※赤く染まっている箇所が虫歯です

エキスカを駆使した虫歯の除去

タービンだけで虫歯になった部分を削ろうとすると、精密には難しいです。そのため、歯の健康な部分まで削ってしまうこともあります。当院では、タービンで削る箇所は、ある程度にさせていただき、その後は「エキスカ」をいう器具を用い、繊細な作業を行います。

検知液

染色した歯

染色した歯

超極細ドリルの使用

歯を削るドリルにも種類、太さがあります。歯を削る際に使用するドリルは太さによって削らなくても大丈夫な部分も削ってしまう可能性もあります。当院では、最も細い超極細ドリルを使用しますので、健康な歯も削ることなく、治療が可能です。

検知液

染色した歯

病気にならない予防歯科

虫歯にならないこと。これが、最も歯を削らないことです。当院では、まず虫歯になりうる生活習慣などをお伺いし、その上で歯のメンテナンスを一緒にサポートしていきます。定期検診も行なっております。お気軽に受診ください。

可能な限り抜歯をしない

エクストルージョン

通常は抜歯が適用されるような歯でも可能な限り残してくために、当診療所では『エクストルージョン法』という治療法をむし歯治療に取り入れています。

歯肉縁下に虫歯があったり、歯が割れていたりする場合に歯を引っ張り出し、歯肉縁上に虫歯や歯が割れた箇所を出すことを目的とした治療です。他医院にて「抜歯するしかない」と診断された方も、ぜひ一度当院にてご相談ください。

エクストルージョン法

自家歯牙移植

何らかの原因で抜歯せざるを得なくなった場合、抜歯したところを補う方法のひとつに、「自家歯牙移植」という方法があります。歯を失った部位に、ご自分のお口の中の利用できる歯を移し変える治療で親知らずを利用します。自家歯牙移植はインプラント治療ほど大がかりな手術を必要とせず、ご自身の歯を使用させていただくため、拒絶反応などが出るリスクも少なくなります。

エミルデンタルクリニックでは、身体に負担をできる限り与えない治療を行うために、抜歯も可能な限り避けます。絶対に歯を抜かずに治療するということにはなりませんが、残せる天然歯であればあらゆる方法を考慮してご提案いたします。できる限り抜歯を避けたいとお悩みの方は、一度当院までご相談ください。

詳しくは「親知らず」をご覧ください。

親知らずはこちらから