WEB予約
〒105-0014 東京都港区芝3-17-12 第2Mビル 1F
03-6275-1843
MENU

ブログ

Blog

港区芝 芝公園・赤羽橋の歯医者・歯科|エミルデンタルクリニック芝

セラミック治療とは?治療の種類や銀歯との違いを詳しくご紹介

こんにちは!

港区芝赤羽橋駅が最寄りの歯医者【エミルデンタル クリニック芝】です。

治療法として近年注目を集めているのが「セラミック治療」です。
名前は聞いたことがあるという方でも、具体的にどのような治療法なのかご存知ないという方も多いかと思います。
従来の銀歯との違いについても気になるところでしょう。

そこで今回は、セラミック治療とは何かということについて、治療の種類や銀歯との違いなどをご紹介します。

1.セラミック治療で使用するセラミックの種類とは

セラミックというのは、非鉄金属材料のパウダーを製品に合わせて調合したもののことです。
由来としてはギリシャ語で「粘土を焼き固めたもの」という意味を持つ「keramos」からきています。

特徴としては、ダイヤモンドに匹敵するほど非常に硬く、酸化しないため錆びることがなく、
耐熱性や耐蝕性もあり非常に多くの特性をもっているということが挙げられます。

セラミックにはいくつかの種類が存在していますが、セラミック治療で用いられるものとしては以下のとおりです。

1-1.オールセラミック

セラミックを100%使用しているタイプです。
純セラミック製で非常に美しい仕上がりとなるのが特徴です。
セラミックの中でも最も高価です。

1-2.ハイブリッドセラミック

セラミックに加えてレジンが含まれているタイプです。
美しさはオールセラミックには劣るものの、レジンを混ぜていることにより価格は若干抑えられています。

1-3.ジルコニアセラミック

オールセラミックの上位タイプといっても過言ではありません。
100%セラミックでできていることに加えて、金属とほとんど同じ強度を誇るという特徴があります。

1-4.メタルボンド

見た目は一見セラミックであるにも関わらず、裏側が金属になっているタイプです。
セラミックの割合が最も低く、コストも抑えられますが表面はしっかりとセラミックになります。
今ではあまり使用されなくなりました。

2.セラミック治療の種類とは

セラミック自体の種類だけでなく、治療に関してもいくつかの種類が存在しています。
ホワイトニングを目的としたセラミック治療の場合、以下の3つが代表的な治療方法となります。

2-1.ラミネートベニア

ラミネートベニアはとても人気の高い治療方法です。
施術方法としては、歯の表面部分を削ったうえで、付け爪のようにセラミックを貼り付けるというものです。
金属を使用しませんので色素沈着が起きないというのが特徴です。
痛みも少なく施術もすぐに終わるというのがメリットです。
とくに前歯に対して行うのが効果的です。

2-2.メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウンというのは、歯の全体を削った後にセラミックでコーティングされた冠をかぶせるという治療方法です。
表面はセラミックですが、内側には金属が使われているため非常に耐久性に優れています。

2-3.オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンというのは、金属をしようせず、セラミックだけでできた冠を使用する治療法です。
歯の全体を削ったうえで冠をかぶせるというのはメタルボンドクラウンと同様です。
セラミック100%の冠は透明性が高く非常に美しく、金属を使用していませんので金属アレルギーの方にもおすすめです。

3.セラミック治療と銀歯との違いとは

セラミックと銀歯は治療方法として似ています。
これまでは銀歯による治療をする方が多く、現代ではセラミックを選択される方が増加傾向にあります。
どちらにも特徴がありますので、どういった違いがあるのかを知ることが大切です。

3-1.審美性

セラミックと銀歯の違いとしてまず挙げられるのが「審美性」です。
銀歯はその名の通り、全体が銀でできており見た目も銀一色です。
遠くからでも明らかに銀色が目立ちます。一方のセラミックは審美性が非常に優れています。
自然歯と遜色なく、色素沈着もしにくいことから半永久的に白い歯を維持することが可能でしょう。

3-2.経年劣化

経年劣化という観点ですと、銀歯は経年により歯茎が黒色に着色されてしまうことがあります。
これは銀歯に含まれている金属イオンが溶け出してしまうことが原因となります。
セラミックに関しては、経年劣化はほとんどありません。

3-3.虫歯の再発

虫歯の再発という点にも違いがあります。
銀歯の場合、変形してしまい歯と詰め物・被せ物の間に隙間ができてしまうため、そこから唾液・虫歯菌などが侵入してしまうことにより虫歯が再発してしまうことがあります。
セラミックは歯との結合性にも優れているため、隙間がほとんどできません。
そのため虫歯再発のリスクもほぼありません。

4.まとめ

セラミック治療は、セラミックと呼ばれる陶器を使って行われる治療のことです。
セラミック自体にもいくつかの種類がありますし、治療についてもさまざまです。
機能面と審美性を兼ね備えており、これまでであれば銀歯で行っていた治療をセラミック治療にすることで高品質な治療が可能となります。

港区芝赤羽橋駅が最寄りの【エミルデンタルクリニック芝】では、セラミック治療を審美歯科のメニューとしてご用意しております。
見た目の美しさと機能面を兼ね備えた治療となりますので、その価値を必ずや実感していただけるでしょう。
初めてですと不安なこともあるかと思います。セラミック治療をお考えの方は、まずはお気軽にご相談頂ける事をおすすめ しています。