WEB予約
〒105-0014 東京都港区芝3-17-12 第2Mビル 1F
03-6275-1843
MENU

ブログ

Blog

港区芝 芝公園・赤羽橋の歯医者・歯科|エミルデンタルクリニック芝

マウスピース矯正とはどんな治療方法?特徴や治療にかかる時間などを紹介

こんにちは!

港区芝、赤羽橋駅が最寄りの歯医者【エミルデンタルクリニック】です。

矯正歯科は治療に時間がかかったり、見映えが悪くなったりするイメージを持っているという方も多いでしょう。
しかし、治療期間が短く目立ちにくい、マウスピース矯正とよばれる治療方法があるのをご存じでしょうか。
今回は、マウスピース矯正の特徴や適応範囲、治療の流れなどについて詳しく解説していきましょう。

1.マウスピース矯正とは

アライナーとよばれる薄くて透明なマウスピースを段階的に付けることで、歯列を矯正する治療方法です。
患者さんの歯型から理想の歯型になるまでの複数のアライナーを作製し、決められた期間が経過するごとにアライナーを付け替えていきます。
アライナーが透明で薄いため目立ちにくく、装着時の違和感が比較的少ないのが特徴です。

2.マウスピース矯正の特徴

マウスピース矯正は症状の軽い不正な歯並びに用いる矯正システムで以下のような特徴があります。

2-1.部分矯正ができる

マウスピース矯正は奥歯を含めた歯全体の矯正には向いておらず、前歯周辺の部分的な歯科矯正に向いた治療方法です。
そのため、前歯の小さな隙間やねじれ、傾きを集中的に矯正したい時に便利です。

2-2.患者さん一人ひとりに合わせた正確な治療ができる

治療に使用するアライナーを作製する際には、口腔内スキャナーにより歯型を採取します。
そしてその歯型を基にして理想的な歯並びを予測し、治療が終わるまでに使用するアライナーを3Dプリンターで作製します。
1度の歯型採取で済むため、患者さんの手間が少なく、より正確な治療結果が期待できる矯正システムです。

2-3.痛みが少なく、歯磨きしやすい

マウスピース矯正はワイヤー矯正に比べると、矯正器具が薄く滑らかなので唇の裏や舌に当たっても痛みがなく、口内炎などのトラブルが起きにくくなっています。
また、緩やかな力をかけて徐々に矯正していくので治療中の痛みも少なくなります。

そして、簡単に取り外し可能なので歯磨きしやすく、衛生的に治療できるのが特徴です。
ワイヤー矯正などの矯正システムによっては、磨き残しが起きやすく口内のトラブルにつながる恐れがあります。
その点マウスピース矯正は口内のお手入れがしやすいため、口内トラブルの心配は少ないのです。

3.マウスピース矯正の適応範囲

前述したように、マウスピース矯正は歯全体の治療には向いておらず、適用範囲が限られた治療方法です。
当院のマウスピース矯正は、矯正範囲が前歯から数えて何番目までかでレベル1かレベル2の治療難易度を分けています。

レベル1は前歯の部分だけの移動で治療できる場合で、レベル2は小臼歯(4番目と5番目の歯)までの移動で治療できる場合です。
そのため、マウスピース矯正では6番目以降の大臼歯の矯正は難しく、他の治療方法を考えていくことになります。

4.マウスピース矯正の流れと治療期間

実際にマウスピース矯正の治療が始まるまでの過程や治療の流れは以下のようになります。

  1. カウンセリング(歯列の確認や治療計画の提案)
  2. 治療準備(歯型採りやアライナー作り)
  3. アタッチメントの接着
  4. アライナーを装着

4-1.カウンセリング

まずは問診によって患者さんの要望や費用、治療方法などの話し合いをします。
その後、マウスピース矯正に適合しているかどうか診断する必要があるため、口腔内の診察をします。
その際に虫歯や歯周病がある場合には、マウスピース矯正によって悪化する恐れがあるため先に治療をしてから矯正に移ることが大切です。

4-2.治療準備

マウスピース矯正が可能で、口腔内の状態も問題がなければ、治療準備として口腔なスキャナーにより歯型を採ります。
その後、矯正シミュレーションデータを作成し、最終的な歯並びを医師と一緒に確認をします。
そこでの患者さんの合意があれば、アライナーの作製に移ることになります。

4-3.アタッチメントの接着

マウスピース矯正におけるアタッチメントとは歯の動きをサポートする小さな突起のことです。
アライナーを装着する準備のためにアタッチメントを歯に接着する必要がありますが、
スペースを作るために抜歯やIPRと呼ばれる歯と歯の間に隙間を作る処置を行う場合があります。
このIPRは歯の健康に影響のない範囲で行われ、歯列の安定化を図ることが目的です。

4-4.アライナーを装着

アタッチメントの接着ができたらいよいよアライナーを装着することができます。
1日の装着時間は20時間以上が目安で、基本的に食事や歯磨き以外の全ての時間はアライナーを装着することになります。
装着時間が足りない場合は期待している効果が得られないため、必ず装着時間は守るようにしましょう。

治療期間は患者さんの治療難易度にもよりますが、効果が表れやすい人だと3ヶ月ほどできれいな歯並びになっていきます。
治療中は効果の確認するために2週間に1度の頻度でクリニックに来院していただく必要があります。

5.まとめ

マウスピース矯正は軽度の不正な歯並びを矯正するのに有用な矯正システムです。患者さんの正確な歯型を基に最終的な歯並びを予測してアライナーを作製することで、患者さんの理想の歯並びを実現させることができます。そのためには1日20時間以上という装用時間を守り、経過観察のための来院を欠かさないことが大切です。

港区芝、赤羽橋駅が最寄りの歯医者【エミルデンタルクリニック芝】ではマウスピース矯正に米国の「Smile TRU(スマイルトゥルー)」を採用しており、
矯正に関してネガティブなイメージを持った患者さまに安心いただけるような治療をして参ります。
マウスピース矯正が適応でない患者様にも一人ひとりに適した治療方法をご提案させていただきますので、ぜひお気軽にご相談頂ける事をおすすめしています。